Jul 072013
 

Coffeescriptでクラスを書く場合にファイル毎にクラスやモジュールを分ける場合はクラス名にwindowを付けるのが簡単。

coffeescriptのファイル分割

通常はファイル分割すると、生成されるjsファイル外の別のクラスにアクセス出来ない。

サンプル

dao.coffee(dao.js)


class window.DAO
	serviceUrl : ""
	constructor : (url) ->
		@serviceUrl = url
	loadMe : (me) ->
		console.log me

生成されたクラス名のプロパティの前にwindowが付くのでファイル間を超えてアクセス出来るようになる。

(function() {

  window.DAO = (function() {

    DAO.prototype.serviceUrl = "";

init.coffee(init.js)

$ ->
	dao = new DAO("http://dao.dao/dao")
	dao.load("1234")

今回は珍しくXcodeでなくWebネタ。Webの場合はCodekit+Sass+Coffeescript+kitが楽。エディタはSublimeText2。完璧なエディタには未だ出会った事が無い…。

参考サイト

http://www.stakelon.com/2011/12/coffeescript-organizing-classes-in-separate-files/

コメント

個のコメント

Powered by Facebook Comments

 Posted by at 19:45

Sorry, the comment form is closed at this time.