Jan 262012
 

Flashライクな操作方法で開発が出来るライブラリ「Arctic.js」
Actionscript3に似たAPIでHTML5のCanvasへの描画操作が出来るゲームエンジン。どのくらいの負荷になるか簡単なデモを作成して試してみた。SheetMovieClip(画像のパラパラアニメ)のsprite数1200くらいから表示は重くなるがPC(2011年の一般的なモデル)では操作不能ではないレベル。iPhone4では50でも描画は遅くなる。速度次第で選択すれば実用性は十分。

 

 

以下からライブラリを入手できる。

https://github.com/DeNADev/Arctic.js

APIにはaddChildやMovieClipという名称のものがありFlashからのモバイル移行が楽。immediateモードのHTML5のCanvasはとても描画の柔軟性がある。

API解説は以下が詳しい

http://www40.atwiki.jp/spellbound/pages/1780.html

HTMLCanvasについて概要

http://tutorials.jenkov.com/html5-canvas/overview.html

コメント

個のコメント

Powered by Facebook Comments

 Posted by at 15:34

Sorry, the comment form is closed at this time.